2005年11月26日

本:アメリカの参考書6冊セットで語彙力・リーディング力アップ!
→私の購入後の感想も参考にどうぞ!

日本語では常識として知っていること数式の読み方も、科学の単語も、
「英語ではなんて言うの?」といわれると案外分からない単語はたくさんあります。
それらを楽しくイラスト付きで、「あ〜なるほどね。」と覚えられるのが、
この『アメリカの参考書』(アメリカの小学校4年生から6年生向け)です。
内容は小学生の時に勉強した内容なので、そんなに難しくありません。
ページをめくるたびに新しい発見ができますよ。

アメリカの小学生の参考書は英語表現ボキャブラリー向上のための宝庫です。
イラストが多いので読みやすく、1つひとつの文章も長くありません。
さらに、比較的平易な文章で書かれているので、どんどん読み進めることができます。
「雨はどうして降るの?」「地球にはなぜ昼と夜があるの?」といった質問に
英語で答えるとなると困ってしまいますが、その解答がこの本の中に多数収録されています。
お子さまの英語教育に、また、大人が読んでも楽しめて、ためになる最高の参考書です。
「なるほど、こういう学び方もあるのか」とまさに新発見の連続は間違いなし。
ちなみに1の位は「ones」、太陽系は「The solar system」、三日月(みかづき)は「Crescent」 そして正三角形は「Equilateral triangle」です。

アメリカ史・英語・算数・理科・世界史・地理 の6冊セット
9,450円(税込) 送料630円です。

詳細はこちら↓↓↓
新発見の連続!!アメリカの参考書★大人も楽しめて、ためになる!






私の購入後の感想
まず、内容が豊富です。(教科書だからあたりまですが)
そして図解されているので、知らなかった英単語や表現もイメージとともに頭に入ります。
世界史や地理ではアメリカと日本での視点の違いが特におもしろいと思います。
子どもの質問にも正確に答えられるし、一石二鳥でとってもお得です。お勧めします。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

アメリカの参考書で英語を学ぶ
Excerpt: ↑こんなの、ネットで見かけますよね? アメリカの参考書6冊セットとかいうの。 かなり、気になってるんですよね〜。 でも、6冊で1万円くらいするので、ちょっと高い。 ってことで
Weblog: 外国語学習的ブログ by 語学中(英語とスペイン語)
Tracked: 2006-01-08 21:27
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。